»トップページへ戻る

過去の研究会(2009年~)

開催年月日 研究会(プログラムへリンク) 場所 特別講演タイトル 講師
2018/3/1 第 10 回医用生体電磁気学シンポジウム 首都大学東京
秋葉原キャンパス
電磁波技術の医療応用
~特に若手研究者・学生のために~
伊藤公一先生(千葉大学)
2018/3/1 ビジネスミーティング(第24期第1回URSI-K国内小委員会) 首都大学東京
秋葉原キャンパス
なし
2017/1/23 第9回医用生体電磁気学シンポジウム 首都大学東京
秋葉原キャンパス
なし
2017/1/23 ビジネスミーティング(第23期第4回URSI-K国内小委員会) 首都大学東京
秋葉原キャンパス
なし
2016/8/21-25 2016 URSI Asia-Pacific Radio Science Conference Grand Hilton Seoul, Korea なし
2016/1/25 第8回医用生体電磁気学シンポジウム 首都大学東京
秋葉原キャンパス
ヒト細胞はナノ秒パルス電磁界に対してどのように応答するのか-シグナル伝達と細胞死の分子構造- 矢野憲一先生(熊本大学 パルスパワー科学研究所)
2016/1/25 ビジネスミーティング 首都大学東京
秋葉原キャンパス
なし
2015/9/3,4 2015 URSI-Japan Radio Science Meeting 東京工業大学 なし
2015/7/31 ビジネスミーティング(平成27年度第1回URSI-K国内小委員会) 首都大学東京
秋葉原キャンパス
ハインリッヒ・ヘルツ-生涯、電磁波の発見と追憶 重光司 先生(URSI-K国内小委員会第21期委員長)
心磁測定装置による心臓内興奮過程の定量化とその臨床応用 杉町勝 先生(国立循環器病研究センター)
2015/2/16 ビジネスミーティング(第23期第1回URSI-K国内小委員会) 首都大学東京
秋葉原キャンパス
なし
2015/1/16 第7回シンポジウム
(EMC-net「人体の電磁界ばく露評価研究会」と併催)
首都大学東京
秋葉原キャンパス
神経工学-工学技術を利用した脳神経の理解と医療応用- 神保泰彦(東京大学)
2015/1/16 ビジネスミーティング 首都大学東京
秋葉原キャンパス
なし
2014/9/8 2014年URSI日本電波科学会議 URSI-JRSM 2014 中央大学
後楽園キャンパス
なし
2014/9/8 ビジネスミーティング 中央大学
後楽園キャンパス
なし
2014/1/28 第6回シンポジウム
(MICT研究会との連催)
首都大学東京
秋葉原キャンパス
なし
2014/1/28 ビジネスミーティング 首都大学東京
秋葉原キャンパス
なし
2013/12/27 平成25年度第2回 首都大学東京
秋葉原キャンパス
静磁場のヒトのへの影響 美馬達哉(京都大学)
2013/8/29,30 Joint Workshop of URSI Commission K and ICNIRP Telecom Paris Tech, France なし
2013/5/30 平成25年度第1回 首都大学東京
秋葉原キャンパス
バイオ・オプティカル・リフレクターの低磁場応答 岩坂正和(千葉大学)
マイクロ波ラジオメータ技術の歴史と最近の進展 杉浦敏文(静岡大学)
2013/3/27 平成24年度第2回 首都大学東京
秋葉原キャンパス
医療機器を埋め込まれた人体のMRI検査の安全性 黒田輝(東海大学)
低周波・中間周波電磁界の人体防護に関わる工学研究とその役割 山崎健一
(電力中央研究所)
2013/1/18 第5回シンポジウム
(MICT研究会との共催)
首都大学東京
秋葉原キャンパス
電磁波を用いた医療情報通信技術 越地耕二(東京理科大学)
2012/8/2 平成24年度第1回 首都大学東京
秋葉原キャンパス
中間周波数磁界の催奇形性に関する研究およびBEMS2012報告 牛山明
(国立保健医療科学院)
医工学分野応用に向けたテラヘルツ波分光・イメージング技術 田畑仁(東京大学)
2012/3/7 第4回シンポジウム 首都大学東京
秋葉原キャンパス
重粒子線治療-基礎と最近の動向 蓑原伸一
(神奈川県立がんセンター)
電磁界の生物影響-歴史的展開- 重光司(元電中研,前URSI-K国内小委員会委員長)
2011/12/19 平成23年度第1回 首都大学東京
秋葉原キャンパス
無線周波数電磁界に関するIARC発がん性評価 和氣加奈子(NICT)
テラヘルツ波を用いた生体計測 川瀬晃道(名古屋大学)
2011/1/21 第3回シンポジウム 独立行政法人情報通信研究機構(NICT)
国際会議室
脳磁気科学と生体電磁科学の最近の進歩 上野照剛
(東大,九大,帝京大)
ナノニードルを用いた低侵襲な細胞解析・操作技術 中村史
(産総研,農工大)
2010/11/13 第2回シンポジウム
「わが国の生体電磁環境研究25年の歩み」
=雨宮好文先生の功績を振り返って=
首都大学東京
秋葉原キャンパス
雨宮先生と生体電磁気学研究 藤原 修(名工大)
2010/5/12 平成22年度第1回 首都大学東京
秋葉原キャンパス
医療支援のためのICT技術とIEEE802標準化 浜口清(NICT)
磁気刺激の新規生体効果の探索 山口さち子
(独立行政法人労働安全衛生総合研究所)
MR検査室での作業者の磁場ばく露の調査
2010/1/23 第1回シンポジウム 沖縄県青年会館 脳神経外科の診断治療における電気刺激と磁気刺激 川合謙介(東京大学)
2009/9/9 平成21年度第2回 首都大学東京
秋葉原キャンパス
ワイヤレス電力伝送の最近の動向 松木英敏(東北大学)
2009/5/12 平成21年度第1回

首都大学東京
秋葉原キャンパス

細胞分析のためのナノバイオデバイス 赤木貴則(東京大学)